女性のための生活美容

女性のための生活美容

脚が太い、ダイエットの前に知っておくべきこと

足が太いと感じる原因は、血行不良によるむくみによるものであることが多いものです。若年層を30歳までとすると、若年層ではむくみと肥満が元で足が太いと感じる傾向があります。血流の流れの良い状態に戻しやすい若年層の内に水分、老廃物を溜め込まない体にしておくと良いでしょう。
人には骨格、身長、体重、年齢にちょうどいい体脂肪率や体型があるため、AさんがBさんのような体型を望んでダイエットに励んだり、逆に細身の体型の人が必要以上にふっくらしようとしても健康とは言えないのです。エステサロンでは適正な体型になるように計画的に痩身のプログラムを立ててもらうことができます。

 

エステサロンでのオイルトリートメントを受けるメリットは次の2点です。

圧の強さで効率的に痩せる

エステテイシャンによる施術(オイルトリートメント)は、他人の力を利用してマッサージしていくという方法で、セルフマッサージに比較して体力的に楽に、効率的に痩身を試みることができます。セルフマッサージでは自分の身体のどこかに力が入りがちです。マッサージにかける圧が強いほど自分自身も消耗したり、どこかに無理をさせてしまいます。その点、サロンによっては、1人につき2人のスタッフでマッサージしてもらえるということもあります。つまり、左右片側の足を1人の圧でトリートメントしていくということです。これは圧のかかり方、時間の短縮という効率化を生みます。とにかくむくみがひどくて、どうにもならないという状態の解消にお勧めです。

 

リンパの流れを効率的に流す

エステテイシャンによるトリートメントでは、人の足(つま先から太ももの付け根まで)のリンパの流れを把握しています。
そのために、皮膚の表面に流れるリンパと皮膚の深部に流れるリンパの両方にアプローチすることができます。
ただ流しておくだけで終わりがちなセルフマッサージと異なり、老廃物のゴミ箱と呼称される鼠径部にもしっかりアプローチします。

 

まとめ

むくみの原因となりうる血液から染み出した水分、老廃物が組織に溜まらないように阻止するには、血流を良くしておくことが一番大切です。
トレーニングを受けたサロンスタッフに一度トリートメントしてもらえば、自分の身体の変化を感じ取る体験ができます。
できるなら、マッサージ経験があるスタッフにトリートメントしてもらうと凝りの解消から筋肉疲労まで期待することができます。

 

あとはすぐに細く見られたいということであれば着圧ストッキングなどを履くのも良いかと思います。
ただ、圧の強さなどでも違ってきますし種類が多いのでしっかり把握することが大切です。

 

着圧ストッキング・タイツおすすめ比較などで結構わかりやすく説明されているので見てみてください。

続きを読む≫ 2018/06/04 01:32:04

どんどん肌トラブルが増えてきてケアしていかないと大変なことになってしまう状況にいるんですけれども常に化粧品を使っていい保湿ているところをしているととても大変なんですけどね.

 

そうは言っても年齢には勝てないんで仕方ないんですけど効率的にケアできる方法ないのかなーっていつも考えるんですよね.

 

やっぱり一番年齢で言うと保湿するのが大事だと思うのでそこをなんとか形で保湿できないかなっていうのを考えるんです。

 

一番保湿力の高い物って考えた時に何なんだろうって思って、よくあるのがヒアルロン酸やコラーゲンなんですけど実際のところはプロテオグルカンだったりするんですよね。

 

あとやっぱり肌で言うとセラミドですよね。
セラミドの秘密も高いですしバリア機能何か考えるとセラミドをしっかり使いたいというところはありますね。

 

ただ調べていくとセラミドも色々あって今はやっぱりヒト型セラミドが良さそうですね。
浸透力保湿力も高そうですし肌にも良さそうです。

 

後はその他の成分何か見てトータル的に考えて選ぶと良い感じですね。

 

あと敏感肌の人だったら無添加であったりオーガニック成分とかでできている化粧品が良いですね。

 

あんまり色々条件ばっかり言っていると高額になるんですけどまあ多少は仕方ないのかなと思いますね。

 

というところでいろいろセラミド化粧品はあると思うんですけど紹介したいと思ったんですがこちらを参考になるので参考にしてみてください。

 

続きを読む≫ 2018/02/24 17:26:24

私の悩みは、夜なかなか眠れないことです。
眠いと感じていても、布団に入った瞬間にいろいろ考え事をしてしまい、眠れなくなってしまいます。
休職中のため朝10時頃と遅めに起きるので、日付が変わるくらいにならないと寝付けません。
生活リズムを改善しないといけないのですが、なかなか早寝早起きができません。
精神科にかかり、最初は即効性があって依存する可能性の少ない種類の睡眠薬をもらいましたが、あまり効果がありませんでした。
次に、体内時計を整えるホルモンであるメラトニンを調整する薬に変えましたが、これもなかなか効果が現れません。
薬の副作用なのかどうかはわかりませんが、寝る直前にめまいがしたり、胸が気持ち悪くなったりして困っています。
やはり自然に眠るには、日中よく活動して体を疲れさせることが一番だと思い、少しずつ運動しています。
また、睡眠環境を整えるよう努力しており、寝る前は照明や電子機器などの使用は控えて強い光を目に入れないようにしています。
寝具も季節ごとに心地よく眠れるよう種類を変えています。
仕事を始めれば否が応でも朝早く起きなければならず、規則正しい生活を送るようになるとは思いますが、うまく適応できるか心配です。

 

寝れない時どうすればよい?

続きを読む≫ 2017/12/01 01:00:01

私の不眠はひどいです。昔からひどくて、子供の頃は、アレルギーの薬を飲んだら眠くなるという作用を利用して寝てました。
だいぶ前に内科に入院した時に、そのときはもうすでに眠剤を精神科からもらっていたので眠れてたんですが、内科では飲まないように言われたんです。
その時初めて、私は何も飲まずに夜をすごしました。
一日、二日…、眠れません。
一日に何度か看護師さんが様子を見に来るのですが、そのたびに、「どうも」といって頭を(寝た状態のままで)下げてました。
三日目くらいに内科の先生が、「これは薬を飲ませないと命にかかわる」と言って私に眠剤を処方してくれました。
その時初めて知りました。私は必ず何かを飲んで寝ていたので知らなかったのですが、何も飲まないと命を脅かすくらいに眠れないんですね。
不眠にも種類があって、たいがいの人は、眠れないといってもちょっとは寝てるそうです。でも、私みたいに命にかかわるほど眠れない不眠もあるそうで。
その後私は、ちょっとした事情があって、精神科の睡眠の専門の先生にかかりました。
その時に「寝るのにいいとされてることはなんでもしましょう」と言って、いくつかやることを言いました。
まず、カフェイン飲料は口にしない。午前中に一杯だけなら大丈夫。あとは、日中は必ず病室を出て、食堂でもいいからそこに行って何かをする。本を読むのもいいと言われたので、本の虫の私はひたすら読書に励みました。
そしてさらに、夜は八時には床に就く。眠れなくてもそこにいる。もちろん眠剤も処方になってたのですが、生活のリズムを整えるためのことらしいです。
そして六時になったら眠くても起きて、また食堂へいく。
というパターンを繰り返した結果…、やはり私は眠剤がなくては眠れないことが分かりました。しかも、他の人が飲んだら1錠で次の日はヘロヘロになるくらいの薬を、普通の量の20倍くらい(メジャートランキライザーなのでそういうものもあるのです)。ちなみに1錠でヘロヘロになったのは、私の彼氏です。
今は20倍じゃなくて、16倍くらいで眠れてます。もちろん、その他に、マイナートランキライザーの寝つきを良くする薬と、眠りを安定させる薬も最大限飲んで。ちなみに私の彼氏は、私が飲んでるマイナートランキライザーの半分量で眠れてるようです。
夜になったら普通に欠伸して、眠そうにしてます。私は欠伸なんて全然出ません。

夜になったら眠くなる人っていいなぁ。私もそうなりたい。

続きを読む≫ 2017/11/16 03:19:16

早く寝なければいけない、そんなときほど眠れなくなります。だめだと分かっていながらもスマホをいじったり、もうこうなったら寝なくていいや、と思って起きていると起きなければいけない時間に眠気が襲って来たり。寝よう寝ようとすればするほどに目が冴えてしまっていました。
気づけば目の下にはクマががっつりで、また変な時間に眠ってしまい夜中に起きてしまうということも多々ありました。

 

その繰り返しだった私がいつの間にか眠りに落ちている方法があります。1つはまばたきをたくさんする。もう1つは体に力をいれ、一気に脱力するという方法です。
まずまばたきですが、眠いときはまぶたが重くなり目がシパシパしてきます。それを自分で作り出します。ひたすらまばたきをして、まぶたが疲れてくることを感じます。ある程度疲れてきたらそのまま目を閉じ、うっすら開けようとしてみます。このときにすんなり開いてしまえばもう1度、まぶたが重く感じていたらそのまま目をつぶります。
次に全身に一気に力を入れます。関節を曲げながら伸ばそうとする感じです。お腹にもしっかり力を入れます。そして一気に脱力。そのまま息を鼻から吸い、ゆっくり口からはきます。そのまま何も考えず、疲れたまぶたと体を脱力したままにすると、いつの間にか眠れています。

続きを読む≫ 2017/11/16 03:18:16